Joy Flyer

12/22 Sat

Joy

FEATURING:
JOAQUIN ‘JOE’ CLAUSSELL
KUNIYUKI TAKAHASHI

ADM MEMBER & W/FLYER 3,000 | DOOR 3,500 - 23:00~

Joe Artist Photo Joaquin ‘Joe’ Claussell: Joaquin‘Joe’Claussellは、音楽という小宇宙のなかで独特の世界観を築き上げる類稀なる才能を持つアーティストだ。 ブルックリン出身の彼は、幼少の頃から母親や年上の兄弟たちの影響で数々の著名アーティストたちの音楽を聴きながら育ったが、 その頃彼の心に宿った音楽のスピリットは、未だ消えることなく彼の音楽の旅の道標となっている。 NY随一のダンスミュージック専門レコード店、Dance Tracksの若き経営者であったJoe Claussellが本格的にアンダーグラウンドハウスシーンに頭角を現わすのは、 90年代初頭に立ち上げたレーベル、Jungle Soundsより発表されたInstant House名義での一連のカルトヒット作"Over", "Awade", "Lost Horizon" のプロデュースを通じてであった。 また96年にはInstant Houseのディープなトライバルサウンドのコンセプトをさらに進展させ、 アフリカン、ブラジリアン、ジャズ、ロック等全ての要素を感じさせる生楽器の普遍的かつスピリチュアルなグルーヴに重きを置くレーベル、 Spiritual Life Music を設立。 音楽と純粋に向き会うSpiritual Life Musicの一貫した方向性は、 ハウスシーンのみならずジャンルの枠を超えて高く評価され、 諸作品はいずれもクラブクラシックスとなっている。 01年には、これまでのSpiritual Life Musicの活動を総括したCD2枚組のコンピレ−ションアルバム、"Spiritual Life Music"もリリースしている。 またSpiritual Life Musicの設立と同じ年には、Francois Kevorkian, Danny Krivitという大ベテランと共にVinylでのBody & Soulもスタートさせた。 The LoftやThe Paradise Garageなどの伝説的パーティ、ヴェニューにインスピレーションを受けたBody & SoulでのDJプレイを通じ、 Joeは音楽に託したメッセージを操り、ダンスフロアとの魂の伝達を試みている。 そうした彼のディープでシリアスなDJスタイルは、多くの人々から熱烈に支持されている。 Spiritual Life MusicとBody & Soul の成功を通じ、ハウスシーンの第一人者となったJoe Claussellは、 この頃からリミックスなどのプロダクションも精力的にこなし始める。 99年にはアルバム"Language"をリリース。 また、King Street Sounds/Nite Groovesからは、独特の芸術性に貫かれたDJプレイをダイレクトに収録した2枚組ミックスCD, "Mix The Vibe: Over 140 Minutes of Spiritual Journey"を、 又イギリスのBBEから"Music....... A Reason to Celebrate" を発表している。 また伝説のラテンミュージックレーベル、Faniaのリミックスアルバム”Hammock House”や、期待の高かった”The Unofficial Edits of Joaquin Joe Claussell”, そして”Cosmic Ritual LP”, “Translate Part Two”, Lidy Sixの “Trembling Sensing Space”のプロジェクトを手掛け、 これらの作品もそれぞれ高い評価を受け、大ヒットした。 世界各地での多忙なギグをこなす一方で、 最近では地元NYのBrooklynに“Cosmic Arts”という名のクリエイティブスペースをオープンし、 音楽はもちろん、映像やライブペインティングなど芸術全般をプレゼンテーションする場所を提供している。 ダンスミュージック業界において、ミュージシャン、DJ、そしてアートと3つの才能に長け、 その全てをクリエイティブに、そして情熱をもって取り組む天才もめずらしい。 彼は音楽をあやつる建築家であり、芸術のリーダーなのだ。 「音楽は私たちに人間の尊さをおしえ、真実をもたらし、またあらゆる束縛から私たちを解放させてくれると同時に、 人々の心を一つにして愛と幸福をもたらす神聖なるもの」と語る彼は、 同世代のアーティストのなかでも突出した存在であり、唯一無二の類まれなる才能を授かったアーティストのうちの一人だ。

For more information on what Joaquin Joe Claussell is creating Please check out his info on.
http://joeclaussell.com
http://sacredrhythmmusic.net/tremblingno
http://www.sacredrhythmmusic.net

Kuniyuki Takahashi Artist Photo Kuniyuki Takahashi -Live Set-: 札幌を拠点に活動するKuniyuki Takahashi。彼の音楽は、国境を問わず常に独特の世界観を持ち、世界各国のプロデューサー、DJから高い評価を得ている。Joe Claussell主宰[Natural Resource]から自身のホームタウンであり、札幌のクラブをトリビュートした曲「Precious Hall」をリリース、4HeroのDegoの2000Blackのコンピ参加、Ananda Projectの名曲「Cascades of Colour」のリミックス・リリースや、[Mule Musiq]よりシングル「Earth Beats」をリリースし、各DJから圧倒的な支持を得た。2006年よりファーストアルバム「We are Together」から現在まで7タイトルのアルバムをリリースし、2012年リリース最新アルバム「Feather World」でも前回同様ジャズシーンでは独特の世界感を持つジャズピアニストの板橋文夫や盟友Henrik Schwarzも参加し、新境地へと進んだ。近年はDJ NatureやMr Raoul Kなどの海外アーティストとの共作や国内のアーティストでは、サカナクションの楽曲 “サンプル” をリミックス。また、奄美島唄の唄者 “朝崎郁恵”、アイヌの伝統歌を歌うグループ “マレウレウ” などの楽曲をリミックスを行う。2013年よりDJ EMMA氏のプロジェクトACID CITYのコンピレーションに参加し、最新作ACID CITY2挿入曲「Acid Air」はDJ Harvey、Gilles Peterson等もプレイする。近年はヨーロッパ、南アフリカ等含め国内外でのliveも精力的に行い、即興性とダンスミュージックを融合した独自のスタイルでliveを行う。

PRECIOUS HALL: 札幌市中央区南2条西3丁目パレード 地下2階