Joy Flyer

10/20 Sat

Joy

FEATURING:
TORNADO WALLACE Running Back, ESP Institute, Beats In Space / AU
MUSIC BY:
MITAYO BOWAWAWAWAN

ADM TICKET 2,500 (Limited 50) | MEMBER & W/FLYER 3,000 | DOOR 3,500 - 23:00~

TORNADO WALLACE Artist Photo TORNADO WALLACE (Running Back, ESP Institute, Beats In Space / AU) : テン年代のハウス/ニューディスコシーンで一躍注目を集める存在となったメルボルンの才人、Tornado Wallace(トルネード・ウォレス)。近年盛り上がりを見せているオーストラリアのダンスミュージックシーンを象徴するパーティーコレクティブ兼レーベル「Animals Dancing」の中心人物。現在ベルリンを拠点に活動する彼は、Tim SweeneyのBeats in SpaceやLovefingersのESP Instituteといったマストレーベルや、アムステルダムのカルトな人気を誇るMusic From Memory傘下のシスターレーベルSecond Circleなどから楽曲をリリース。Tom Moore (Otologic)とのユニット「Coober Pedy University Band」では、同郷のChet Fakerをボーカルに迎えたサイケデリックディスコトラックをSoft RocksのKinfolkからリリースしている。リミキサーとしては、Cut Copy、Matthew Dear、Eddie C、Reclooseらの作品を手がけ、Jose Padillaが現行バレアリック最高峰レーベルInternational Feelから発表したアルバムのプロデューサーとしても世界の注目を浴びた。ハウス、テクノ、ディスコの要素を含んだ彼のハイブリッドなサウンドは、レジェンドDJ HarveyやAndrew Weatherall、Motor City Drum Ensemble、Eric DuncanらシーンのトップDJたちから絶賛サポートされ、昨年待望の1stアルバム『Lonely Planet』を、Gerd Janson主宰レーベルRunning Backから発表。DJとしても、地元オーストラリアをはじめ、ヨーロッパ、アメリカ、アジアなど世界中を駆け巡っている。

https://www.facebook.com/tornadowallace/
https://twitter.com/tornadowallace
https://www.instagram.com/tornadowallace/
https://soundcloud.com/tornadowallace

PRECIOUS HALL: 札幌市中央区南2条西3丁目パレード 地下2階