Fidelity Flyer

4/7 Sat

FIDELITY

MUSIC BY:
CEDRIC WOO from LONDON
JUZU a.k.a. MOOCHY NXS / CROSSPOINT
KUNIYUKI - LIVE PERFORMANCE
NOBI

23:00~

Cedric Lassonde Artist PhotoCedric Woo : Cedricとはじめてあったのは、1999年のNYハーレムのホステルでした。 僕は宛もなく日本を出て、アジア・ヨーロッパを経由してNYにたどり着き、彼はNYから旅を始めるところでした。 二人で小さな1ルームアパートをシェアし、サイケデリックな体験をもとめて夜な夜なNYの街をさまよい、そして出会ったのがLOFTでした。 そこで僕達が本当に共感したのは単なる音楽ではなく、PARTYが教えてくれた「Way of Life」 (人種や言語を超越した音楽を通した僕達独自の生き方、僕達自身でつくり上げる文化そのもの)でした。 その後、僕は約10年をNYで過ごし、Cedricは旅を続けてLONDONにたどり着きJeremy Gilbert、 Belle Beteと共にクリプシュホーンやビンテージオーディオを持ち込んだBATB(Beauty & the Beat)というパーティーを始めます。 2015年からは同名のLabelを立ち上げ、2018年1月よりTim Lawrenceと共にAll Our Friendsと銘打ったパーティも始動し、 彼らのコミュニティはオーガニックに成長を続けています。 Cedricが構築する音場は、彼がこれまで旅をとおして出会った様々な人々や文化からインスパイアされたかのようなmulticultural(多文化的)でmultidimensional(多次元)な音世界です。 ここ5年ほど、Cedricは日本に来るたびにPrecious Hallを訪れていて、 昨年はじめてプレシャスファミリーと一緒にパーティーができた事を子どものように喜んでいました。 今年は4月7日に札幌に戻ります。 Cedricを知っている人も、まだ知らなに人も、是非一緒にこの機会を楽しんでください!
Nao



Label Works:
https://www.discogs.com/ja/label/903835-Beauty-the-Beat
BATB:
houseparty.org.uk
https://en-gb.facebook.com/igotalittlelove/

Jakam Artist Photo JUZU a.k.a. MOOCHY (NXS / CROSSPOINT): 10代からバンドとDJ両方の音楽活動を並行して始め、スケートボードショップViolentGrindで知り合ったメンバーで結成されたバンドEvilPowersMeの音源は、 著名イラストレイターPusheadのレーベルからリリースされる。 15歳から始めたDJでもその革新的でオリジナルなスタイルが一世を風靡し、瞬く間に国内外の巨大なフェスからアンダーグランドなパーティまで活動が展開される。 ソロの楽曲制作としても米GRAND ROYALからのBUFFALO DAUGHTERのリミックスを皮切りに、BOREDOMS等のリミックスも含めメジャー、 インディー問わず様々なレーベルからリリースされ、電子音楽、インプロビゼーション、民族音楽、そしてあらゆるダンスミュージックを内包した作品群は、 キューバを皮切りに世界各地のミュージシャン達とも録音され、新たなWorld Musicの指針として、自ら立ち上げたレーベルCROSSPOINTから精力的にリリースされている。 近年は音楽制作のみならず、映像作品、絵本や画集のプロデュース、また野外PARTY、ONENESS CAMP “縄文と再生” を企画するなど活動は多岐に渡る。 2015年から始まった怒濤の9ヶ月連続ヴァイナルリリースは大きな話題になり、その年末にはCD2枚組のソロ4作目のアルバムをリリース、 その影響で2016年、2017年連続でベルリン/イスラエルのレーベルMalka Tutiから12インチヴァイナルがワールドワイドにリリースされ、 それらの楽曲も海外で大きな話題になる。 その年には13組の若手プロデューサー達によるリミックスアルバム「Counterpoint RMX」も発表、 また30年来の友人であるDJ TASAKAとの共作アルバム「HIGHTIME Inc. Alchemist Now!」も発表。 NITRO MICROPHONE UNDERGROUNDのMACKA-CHINとPART2STYLEのMaLとのユニットZEN RYDAZとしての活動も2018年からスタート。 またJ.A.K.A.M.名義の新曲がフランスの新レーベルからアナログリリースされるのもあり、 今年春にはNuits Sonores Festivalでのライブを皮切りに久々のヨーロッパツアーが刊行されるなど勢いは止まりそうもない。



http://www.nxs.jp/
http://soundcloud.com/crosspoint-1
http://crosspointproception.bandcamp.com/
http://twitter.com/Juzuakamoochy
https://www.facebook.com/pages/JAKAM/1470381709907128?sk=timeline

Kuniyuki Artist Photo KUNIYUKI: 札幌を拠点に活動するKuniyuki Takahashi。彼の音楽は、国境を問わず常に独特の世界観を持ち、世界各国のプロデューサー、DJから高い評価を得ている。Joe Claussell主宰[Natural Resource]から自身のホームタウンであり、札幌のクラブをトリビュートした曲「Precious Hall」をリリース、4HeroのDegoの2000Blackのコンピ参加、Ananda Projectの名曲「Cascades of Colour」のリミックス・リリースや、[Mule Musiq]よりシングル「Earth Beats」をリリースし、各DJから圧倒的な支持を得た。2006年よりファーストアルバム「We are Together」から現在まで数々のアルバムをリリースし、2012年のアルバム「Feather World」でも過去のアルバムでも参加したジャズシーンでは素晴らしいの世界観を持つジャズピアニストの板橋文夫や盟友Henrik Schwarzも参加し、新境地へと進んだ。近年はDJ NatureやVakulaなどの海外アーティストとの共作や、DJ EMMAのプロジェクト"ACID CITY"シリーズのコンピレーションに収録されてる「Acid Air」はDJ Hervey、Gilles Peterson等もプレイする。2017年Newwave Projectによる新しいアルバムをリリースし、近年はヨーロッパ、南アフリカ、ブラジル、メキシコ、カナダ等含め国内外でのliveも精力的に行い、即興性とダンスミュージックを融合した独自のスタイルでliveを行う。

PRECIOUS HALL: 札幌市中央区南2条西3丁目パレード 地下2階